エドガーケイシー


本来の魂の方向にいっていないとき、スムーズにいかない何かが起こる。

映画リーディングで有名な、エドガーケイシー

彼は催眠状態で、人々からの相談や質問に答え、病気の診断や人生のアドバイスなどを行った。これはリーディングと呼ばれ、相談内容の多くは速記により記載された。主として彼自身の潜在意識(神智学用語に倣ってアカシックレコード(アカシャ記録)と呼ばれていた)にアクセスして質問者の問いに答えていたとされ、アカシックレコードには過去の輪廻転生の膨大な記憶が刻まれており、彼が病気を診断できるのは、ギリシャの化学者だった時の知識のためだという(Wikipedia参照)

彼を利用する者がいれば、何らかの出来事が起こり、彼の本来の目的へと導かれていった。

未来は自分が作るが、私利私欲の通りにはいかないように感じる。

もし他者からみて、その方向に行っていると見えていても、それは途中過程に過ぎず、本来の目的でなければ、また未来に答えがでるであろう。

さて、延期となったイタリアではどんな事を学びメッセージとビジョンが降りてくるのだろうか。

楽しみにしている自分がいる。

今日も素晴らしい1日を😊

LINEよりお気軽にご相談ください😊

かおりの虹LINE✨

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする