高尾山 天狗様と飯縄大権現様

こんにちは、かおりです。

新しくブログをお引越ししました☆

この度もまた、どうぞ宜しくおねがいいたします。

日常で色々と視えたこと、不思議なお話、宇宙から教わったお話などを書いていきます。

今日は、先日行ってきた高尾山のお話をします。

近くの薬王院祈祷殿駐車場に車を止めて、窓口まで進むと、、、

自動車祈祷殿があります。(画像左の赤と白の建物)

こちらには、↓のような方がいらっしゃるのですが(この画像は本殿)

青白い炎なんですよね。

不動明王さまは、赤い炎でメラメラと力強く燃えているのですが、、、

この方は青白い炎でいらっしゃいました。

私の受け取った感覚では、不動明王とは少し違う、神様というより、、、

神様に近い妖怪、、で、魔を払う、邪気を払う、妖怪系、自然霊や、、

そういった系にはとても素晴らしい効力があると感じました。

魔物を踏んでいらっしゃいますし、、

ミカエル、悪魔を踏む↓

(ラファエロ・サンツィ作 1505年)

【ご本尊・縄大権現】

『天狗様は飯縄大権現様の眷属(随身)として、除災開運、災厄消除、招福万来など、衆生救済の利益を施す力を持ち、古来より神通力をもつとされ、多くの天狗伝説や天狗信仰があり、神格化されています。この様に高尾山は、飯縄信仰と共に天狗信仰の霊山としても知られております。また、高尾山は修験道根本道場として知られており、山伏修行が随時行われ、昔は山伏が深山幽谷に籠もって難行苦行を重ね、やがて高尾山の霊気と融合して、呪力、験力を体得して大先達となり、山伏の姿が天狗と同一視されることも多いのであります。』

駅まで歩き、広場に行くと行場があります。

ここは、神聖な場所なので立ち入り禁止なのですが、

この手前の石まで入らせていただきました。

ここから、エネルギーの違いを感じます。

そして、、、この場所にもあの青い炎が視えました。

本殿と、繋がっているのでしょうね、、

この場所からのメッセージは、

人間は思考があり、色々な雑念がある。

恐怖であったり不安であったり、

この滝行をすることで、己の雑念と向き合い、払い。

自分の魂を信じる。

繋がっている自分の魂を信じるに繋がる。

そのようなメッセージをいただきました。

どの世界も同じく、やはり自分の魂の力を信じる(魂の素晴らしさを知る)ことなんだな、、、と感じた一日でした。

幸せも、平和も、豊かも、全ては自分からですよね。

今日も素晴らしい一日を。

かおり

🍀LINEからお申し込み🍀
登録宜しくお願い致します

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする